「インプラントの予備知識」の記事一覧

インプラント埋入手術は局所麻

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。 術後、腫れがでるのに伴・・・

義歯が自分の歯と同じように使えるように

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です・・・

様々な条件によって、インプラント適用になるとは

様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。 でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を・・・

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があ

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。美容整形や外傷な・・・

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。 麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。ま・・・

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、院内感染の心配はあるものです。 ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。院内感染・・・

インプラント治療によって義歯が使

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。 三番目として、歯根にアタッチメント(・・・

歯科医にインプラント治療をす

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。 イン・・・

一般的な規模の歯科医院で、外来診療

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。 このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになりま・・・

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。 義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ