インプラント治療によって義歯が使

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つの段階に分けられます。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、完璧なセルフケアを目指してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。
とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療の成否を決めるのです。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが命に関わる大事な問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、調べるときは参考になるでしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、いろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところまだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費の高さは重要な問題ですね。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用設定は歯科医院に完全に任されています。
大まかな相場はありますので、心配しないでください。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることもいちいち考えなくて良くなります。前歯など、自然に見せたい歯の場合はこの治療方法を選ぶべきでしょう。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ