義歯が自分の歯と同じように使えるように

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるため当然、その度に費用を支払います。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。
定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようここはぐっと我慢してください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療ができるようになっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ