一般的な規模の歯科医院で、外来診療

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。
院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ内で述べている歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。
一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。
自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。
歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、まずは口腔内をきれいに保ってください。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で考えると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという事情のケースなら、インプラント治療を考えた方が良いですね。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。
できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によってずいぶん違っています。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが一般的な相場とみて良いでしょう。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
埋入するのもリスクがあって、手術時に神経を損傷する危険を伴います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ