もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があ

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。もちろん、こうした既往症があるだけで治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療できるところが増えてきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を十分調べてください。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらにインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。残念ながら、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をしてすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう保管しておくことをすすめます。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術後しばらくの間、患者さんは多少の違和感があるといいます。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ