インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければ義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という流れは皆さん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。
歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、まずはそこを見てください。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって大きく異なります。何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、完璧なセルフケアを目指してください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ